葬儀のスタイル

注目されつつある家族葬とは

葬儀には、いろいろな形があります。その中で、最も利用される方が多いものが、家族葬といわれるものです。この家族葬は、故人の家族や親族などの親しい人だけで行われる葬儀です。 家族葬が人気なのが、色々なメリットがあるからです。たとえば、費用を普通の葬式よりも抑えられることです。親しい人たちだけで行われるので、会葬品や料理などの費用が節約できます。 その他にも、葬儀準備の手間があまりかからないことも利点です。家族葬は、まず弔問客への対応がないので気を使う必要がありません。身内だけなので、葬儀の全体的な手間が少なくなります。葬式の負担が少なくなるので、非常に人気があるといえます。

家族葬における注意点

家族葬は、家族やごく親しい人だけで行う葬儀のことです。この家族葬を行う際には、いくつかの注意点があります。まずは、家族以外の参列できない人への配慮が必要です。故人の会社関係や近所の方には、あらかじめ家族葬で行う旨を通知しなければいけません。きちんと先に伝えておかないと、葬儀が終わってから弔問に来られたりする場合があるからです。 その他の家族葬を行う際の注意点は、一般の葬儀とは違い、お香典がないことを考慮しなければいけません。ですから、葬式を行う際の収入源がなくなるということになります。なので、普通の葬儀よりも、家族葬にかかる費用のほうが高くなるケースも考えられます。よって、葬儀を行う際に、じっくりと検討したほうが良いです。

注目の記事