移動する費用

遺品整理業者を大阪で探しているなら、業者ごとに比較をしましょう。コチラではサービスや料金についての情報が掲載されていますよ。

大切な家族をしっかり見送っていくためにも家族葬で納得のプランを組むことが必要。信頼出来る業者に依頼しよう。

墓石は持ち込みか新しく建てるか

お墓の引越しをするときは、墓石を引越し先に持ち込むか、あらためて建て直すかのどちらかになります。どちらにしても、引越し元の墓地は更地にする必要があり、この費用が平均で1平米あたり10万円から12万円、この他に魂抜きの法要や埋葬許可証の発行費用といった事務手数料がかかります。お寺のお墓からの引越しですと、利檀料が必要になるケースもあります。 墓石の持ち込みをする場合は、石塔のみの持ち込みになります。お骨を納めるカロート、外柵、墓誌などはあらためて作り直すことになります。石塔の移動費はケースバイケースですが、少なくとも20万円、高いと100万円近くになることもあります。 こうしたことを考えると、永代使用料と墓石がセットになっているセット墓地などの方がかなり安くなる場合も決して少なくありません。

お墓の引越し費用の平均は250万円

お墓の引越しにかかる平均費用は250万円ほどと言われています。1からお墓を建てるときの平均費用が200万円弱ですから、引越しの方がお墓にかかる費用は高くなります。 石塔を持ち込む場合、移動費がそれほど高くなかったとしても、新しい墓地に合せて加工費がかかるケースがあります。多いものは区画のサイズに合わせる加工で、これは加工内容にもよりますが、20万円前後というものが多くなっています。基礎工事やカロート、外柵の工事などの平均は20万円〜50万円、これはカロートが地上タイプと地下タイプのどちらになるか、外柵を作るな否か、作るとしたらどういうものにするかで大きく変わってきます。 新しく建て直す場合は、区画の広さにもよりますが、墓石費用は100万円〜200万円ほどです。

理念と取り組み

急速な高齢化社会、格家族化などの社会構造の変容や社会背景に伴い遺品整理業の需要は増加してきています。遺品整理業界に進出してきている業種は、専門業者の他に清掃業や運送業、便利屋、リフォーム業などがあります。

Read More..

費用を抑える

葬儀費用を節約するには、使用する項目ごとに費用を意識するとうまくいきます。たとえば、棺・祭壇・遺影・霊柩車などにはそれぞれランクがあり、安いものを使用すると全体的な費用も安く抑えることができます。

Read More..

葬儀のスタイル

葬儀というのは、亡くなった故人の友人や親族が集まって、故人の冥福を祈る儀式です。実は、近年では、葬儀には色々なスタイルがあることで話題となっています。その中でも家族葬が多く行われています。

Read More..

注目の記事

オススメリンク